ホーム整備工場とユーザー車検について

整備工場とユーザー車検について

整備工場とユーザー車検(代行業者を含む)との違いは?

ユーザー車検とは、自動車ユーザー自らクルマを国の検査場へ持ち込んで車検を受けることをいいます。 ユーザー車検代行とは車検代行業者がユーザーの皆さんに代わってクルマを国の検査場へ持ち込んで車検を受けることをいいます。 これらの場合は一般に車検の際に点検整備を実施しないケースがほとんどです。 最近のクルマがいくら故障しなくなったとはいえ、点検整備をしないと不具合が発生する確率は高くなります。 平成9年~17年に、ユーザー車検後に何らかのトラブルが発生して、整備工場に入庫したクルマのうち、 1,904台を調査した結果、1ヵ月以内に入庫したケースは約30%でした。 その半数近くがブレーキ関係の不具合となっており、整備費用は2~4万円が約30%、10万円以上というケースも約5%ありました。 これらに対して整備工場は国から認証を受けた工場ですから、一般にユーザーの皆さんから車検の依頼を受けた場合は、 クルマの状態を点検し、点検の結果、必要となった整備を実施し、安全面、公害防止面を十分に確認したうえで車検を受けます。 ユーザーにクルマの「保守管理責任」があるという観点からも、車検時には検査だけでなく、きちんと定期点検整備を実施することが望ましいのは 当然のことといえます。なお、整備工場では、定期点検を実施したクルマには整備保証をしておりますので、 より安心してクルマを使用できます。